動画作成の舞台裏

投稿 2018年6月22日 | 更新 2018年10月18日 | 0件のコメント | 148 ビュー |


制作ソフト

素材動画には主にFXHOME社のHitFilm Pro 2017のParticle simulator(パーティクル・シミュレーター)を使ったものが多いですがそちらで難しい場合はAfterEffects(CS6)を使っています。下記URLは筆者が運営するHitfilmの日本語解説ページです。一応、Hitfilmで作成したものにはHitfilmタグ、AfterEffectsで作成したものにはAfterEffectsタグを付けています。

Hitfilm…?

 

フリー版のHitfilm Expressの新しいバージョンではParticle simulator(パーティクルシュミレーター)の機能を50ドルほどで後から追加することが可能になりましたし、Version 9.1からはアドオンが購入しなくても試用することもできるようになったので興味がある方は使ってみては如何ですか?詳しくはブログに記載しているのでそちらを見て下さい。

Hitfilm Express 9.1 有料アドオンが試せるようになってた!

 

 

PC環境

PC環境の詳細はリンク先に記載しています。

https://edit-anything.com/about/about_02_pc_spec.html

 

 

ソフトウェア

動画素材制作には直接関係はありませんが筆者が使用しているソフトを紹介します。

https://edit-anything.com/about/about_03_softwear.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です